創業100年を超える実績を持つ、株式会社ビー・エヌ

Home>印刷加工用資材【ラミネートフィルム】

印刷紙面加工用資材

ラミネートフィルムラミータック開発品

ラミネートフィルム

強い光沢と優れた強度の両立、熱と圧力のみの張り合せにより短時間加工が可能です。

印刷物にPPやPETなどのフィルムをラミネートする事により、強度アップ、高光沢を実現。クリアー、マットはもちろん、特殊フィルムを貼る事により、色々な柄や機能を付与できます。

ラミネートフィルム
資料提供:太成二葉産業(株)様
主なラミネートフィルムのご紹介
ラミータック
商品名: ラミータック#30(グロス)
主な特長: 高光沢、高接着(接着剤貼りではできない)厚い接着層を付ける事により深みのある高光沢を実現。特殊接着性樹脂の採用により接着強度が大きくなりました。
資料提供:日進美術様

和紙加工
商品名: 雲竜タック
主な特長: 和紙に接着性樹脂をプレコートすることにより印刷物へのラミネートが可能となりました。和紙独特の風合いがそのまま表現できます。
資料提供:太成二葉産業株式会社様

ラミネートフィルムで得られる主な効果

ラミネート自体から得られる強い光沢感だけでなく、水や摩擦など、印刷物を取り巻く様々な脅威から守る、強度に優れた加工に用いられます。
艶を出すことで高い透明感と高級感を演出することも、逆に艶消し(マット)によって、落ち着いた仕上がりを演出することも可能です。

当社の取扱商品は、熱可塑性接着層(無溶剤)を備え、熱と圧力のみで貼り合わせが可能な商品が主力です。これらの商品は短時間の加工が可能で、ニオイもなし・ハイスピード・高付加価値が求められる表面加工の業界のニーズに適応するよう努めています。

ラミネートフィルムは、耐水・耐摩擦・強い光沢が要求される書籍の表紙、カレンダー、ステッカーなどに用いられています。

ホログラムフィルム

ホログラムフィルムをラミネートすることで色々なホロ柄を付与。
資料提供:ヤスハラケミカル(株)様

 

ラミネートフィルムの主な特長
  • 強い光沢感
  • 優れた強度
  • 艶出し・艶消し両方が可能
  • 短期間加工に対応
  • 無溶剤なので、臭気もなく火災の危険性もありません。

商品一覧へ

topへ

ラミータック開発品のご紹介

ラミータック-JWL(オーロラフィルム) ラミータック-BO(ノンカールフィルム)
ラミータック-HI(インクジェット用強接着) ラミータック-AB(抗菌フィルム)
ラミータック-EC(植物由来フィルム)  
高美装性プリントラミネート用サーマルフィルム
ラミータック - JWL (オーロラフィルム)
商品グレード
  • ラミータック-JWL-R:ルビー(紫)
  • ラミータック-JWL-S:サファイア(青)…開発中
    ベースフィルムに特殊PETフィルムを使用した高光沢用
    熱ラミネートフィルム
    ※開発品ですので、事前の評価とデリバリー確認を願います。
ラミータック

ラミータック -JWL  特徴
  • 従来のラミータックの接着性能はそのままに、特殊PETフィルムを ベース基材とした高美装性のプリントラミ用サーマルフィルムです。
  • 従来のサーマルラミネーター機をそのまま使用可能で、追加機械コストがいりません。
ラミータック -JWL 性能(プリントラミ加工品データ)
項目 単位 ラミータック
JWL-R
PETラミータック
濡れ張力 基材面 mN/m 34 48
静摩擦係数 200g荷重 基材面/基材面 - 0.28 0.33
1kg荷重 基材面/基材面 0.27 0.32
静電気 基材面 初期帯電圧 KV 2.2 1.9
減衰率 % 5.8 67.2
半減期 180< 83
プリントラミ後グロス
(入射角60°)
基材面 % 測定不可(200<) 108.6

※上記データは測定の代表値であり、保証値ではありません。

※従来タイプでは、基材表面の濡れ性が劣り、シルク印刷、サック貼り等を要するお仕事にはご使用なれませんでしたが、基材表面の処理有りタイプも用意可能となりましたので、後加工(シルク印刷、サック貼り等)を要するお仕事の際には是非ご相談ください。

トップへ

ラミータック -BO (ノンカールフィルム)
商品グレード

グロスタイプ :#27
ベースフィルムにカール抑制 かつサック貼り適性のある素材を使用した光沢用熱ラミネートフィルム
※開発品ですので、事前の評価とデリバリー確認を願います。

ラミータック - BO 特徴
  • 従来のサーマルラミフィルムでは、紙の吸湿によりカールが発生致しましたが、ベース基材に吸湿性を持たせることで、吸湿によるカールを抑制します。
  • サック貼り適性があります。
  • 従来のサーマルラミネーター機をそのまま使用可能で、追加機械コストがいりません。
  • 従来のラミータックと比較して若干の低温シール性(10℃前後)を有します。
ラミータック - BO 性能
項目 単位 ラミータック
BO
両面ラミータック
濡れ張力 基材面 mN/m 52 37
静摩擦係数 200g荷重 基材面/基材面 - 0.25 0.23
1kg荷重 基材面/基材面 0.20 0.25
静電気 基材面 初期帯電圧 KV 1.6 2.2
減衰率 % 72.9 89.9
半減期 48 30
プリントラミ後グロス 基材面 % 94.3 86.9
※上記データは測定の代表値であり、保証値ではありません。
  • 紙質によってカール抑制効果が乏しい可能性ありますので、十分な予備試験を行った上での御使用をお願いします。
  • プリントラミ強度に関しては、従来ラミータックとほぼ同等の性能を有しております。

経時変化

ラミータック、PETラミータック、ラミータックBOのプリントラミ品を40℃×90%下に放置し、プリントラミ品の経時変化を評価しました。

3日後

高温多湿条件では、ラミータックPETラミータックは大きくカールしました。一方、ラミータックBOは、カールが殆ど生じず、カールを抑制できた事が伺えます。

トップへ

高強度プリントラミネート用サーマルフィルム
ラミータック - H I (インクジェット用強接着)
商品グレード

グロスタイプ :#30(片面処理)
マットタイプ :#30(両面処理)
インキジェット印刷紙対応 光沢用 熱ラミネートフィルム
※開発品ですので、事前の評価とデリバリー確認を願います。

ラミータック - H I 特徴
  • 従来のラミータックでは満足出来なかったインキジェット紙やオンデマンド印刷紙へのラミネート強度を大幅に改良したフィルムです。
ラミータック - H I 性能

※上記データは測定の代表値であり、保証値ではありません。

トップへ

抗菌性プリントラミネート用サーマルフィルム
ラミータック-AB (抗菌フィルム)
商品グレード

グロスタイプ:#35(両面処理)
抗菌性付与 光沢用 熱ラミネートフィルム
※開発品ですので、事前の評価とデリバリー確認を願います。

ラミータック-ABの特徴
  • 抗菌性フィルムをベース基材として採用した事により、従来のラミータックの性能は そのままに 抗菌性能を付与したプリントラミ用サーマルフィルムです。
  • ファミリーレストランメニュー、図書館用書籍等 大勢の方が手に取る様なアイテムに最適です。
  • 従来のサーマルラミネーター機をそのまま使用可能で、追加機械コストがいりません。
ラミータック-ABの抗菌性能  〜ベースフィルム抗菌データ〜
フィルム表面の24時間後の減菌率
菌名(略号) 減菌率
大腸菌(ESC) 99.99%以上
黄色ブドウ球菌(STA) 99.99%以上
メシチリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA) 99.95%
京都微生物研究所 試験結果〜フィルム密着法〜
抗菌剤 銀系無機抗菌剤 米国EPA(環境保護局)認可
効果発現 遅効性 数時間経過後より効果発揮
持続性 長期間に渡る 5年以上
対象微生物 細菌が主 カビには効果が見られない
毒性 無し 「急性毒性試験」
「皮膚一次刺激性試験」に合格
揮発性   接触する部分に効果を発揮

※上記データは測定の代表値であり、保証値ではありません。

トップへ

環境配慮型プリントラミネート用サーマルフィルム
ラミータック - EC (植物由来フィルム)
商品グレード

グロスタイプ :#28
ベースフィルムに非石油由来フィルム(植物系)を使用した
光沢用 熱ラミネートフィルム
※開発品ですので、事前の評価とデリバリー確認を願います。

ラミータック - EC 特徴
  • 従来のラミータックの接着性能はそのままに、植物由来フィルムをベース基材とした環境配慮型のプリントラミ用サーマルフィルムです。
  • 植物由来フィルムをベース基材としており、石油製品にアレルギーをお持ちの方々も同フィルム加工品を安心して手にして頂く事が可能です。
    ※植物由来フィルムをベース基材としておりますが、接着性樹脂は従来「ラミータック」同様、ポリオレフィンレジンを使用しております。
  • 従来のサーマルラミネーター機をそのまま使用可能で、追加機械コストがいりません。
ラミータック - EC 性能
項目 単位 ラミータック
EC
両面ラミータック
濡れ張力 基材面 mN/m 37 37
静摩擦係数 200g荷重 基材面/基材面 - 0.40 0.23
1kg荷重 基材面/基材面 0.37 0.25
静電気 基材面 初期帯電圧 KV 2.0 2.2
減衰率 % 19.1 89.9
半減期 180< 30
プリントラミ後グロス 基材面 % 81.6 86.9

※上記データは測定の代表値であり、保証値ではありません。

  • OPPフィルムベース(対両処理ラミータック)と比べ、滑り性、静防性、光沢が若干劣りますので、 十分な予備試験を行った上での御使用をお願いします。
  • プリントラミ強度に関しては、従来ラミータックとほぼ同等の性能を有しております。

トップへ


ホームページ制作会社 ウィザード